人気ブログランキング |

おひさま幼児教室

ohisamamon.exblog.jp ブログトップ

体験会

2014年を迎えて2週間が経ちましたね。

遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。

今年もおひさま幼児教室を宜しくお願い致します。
今日からは宮前平教室はいよいよ3学期を迎えています。


さて、新百合丘教室では12月19日(木)に体験会が行われました。

2歳の男の子が参加してくれました。

お教室では、、お仕事の前にまずカレンダーのその日の日付けにシールを貼ります。

a0318871_11205867.jpg



「今日は何日かな?」
「今日はここだよ。しるしがついてるね。ここにはろうね。」

自分で好きなシールを選んで、指先を器用に使って台紙からシールをはがします。

台紙からシールをはがすのは、こどもにとっては意外に難しいことなのです。
上手にはがせないときには、端を少しだけはがしてあげたり、お手伝いをします。
そうすると、自分ではがせるので子どももとても満足します。

子どもが自分でできるようにお手伝いすることが私達大人の役割です。

a0318871_857111.jpg



窓ふきのお仕事です。

霧吹きで窓を濡らし、窓ふきのブラシで水を切ります。

上から下へ。子どもは窓の水滴がブラシで綺麗になくなることがおもしろくて、
何度も何度も繰り返します。

最初は力の加減が難しく、窓ふきブラシを上手に扱えないこともあります。
何度も繰り返すうちに、自分なりに力の加減を覚えていきます。


そうすると、どんどん動きが洗練されて、ブラシが滑らかにガラスを滑るのです。

繰り返すうちに、どんどんきれいに、ピカピカになる窓ガラスを見て、満足感もあります。

自分の体を自分の思い通りに動かせることは、運動の敏感期にいる子ども、日常の基本的な動作を獲得していく過程にある子どもにとっては、とてもうれしくて、「出来た」という達成感を感じることです。
その積み重ねが、こどもの心に自己肯定感を育むのです。


数あるお仕事の中でも、窓ふきのお仕事は大人気のお仕事なのです。

新百合ヶ丘教室の体験会、ぜひお越しください!

次回は、1月の体験会の様子をお伝えします。
by ohisama-monte | 2014-01-08 11:29 | 新百合ヶ丘教室
line

おひさま幼児教室の日常を紹介します。


by ohisama-monte
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite